乳酸菌 成分 生酵素

乳酸菌の効果効能!体の健康に欠かせない菌を毎日補給しよう!

更新日:

乳酸菌と言えばヨーグルトですよね。

お腹の調子をよくしてくれるって聞くけど、実際はどんな働きをしているか知っていますか?

今回は、乳酸菌の効果や、乳酸菌が減ってしまうとどんな困ったことになるのか、といったことについてみていきたいと思います!

 

乳酸菌にはどんな効果があるの?

私たちの腸内には、大きく分けて3種類の細菌が棲んでいます。

一つは悪玉菌といって、私たちの体にとって有害な働きをする細菌。

もう一つ、善玉菌は逆に体を健康にしてくれる細菌で、乳酸菌はこの善玉菌の代表ともいえる菌です。

そして最後に、悪玉菌にも善玉菌にも属さずに、状況を見て動こうとする日和見菌です。

 

そして、これらの3種類が、腸内にどういうバランスでいるのかということが、実は私たちの健康状態にとっては非常に重要なことなんです。

できるだけたくさん善玉菌があるという状態が、理想的な腸内環境なんです!

 

そもそも乳酸菌とは何かというと、糖類から乳酸を作る菌のことで、たくさんの種類があります。

ビフィズス菌も、人の腸内にいて乳酸や酢酸作る善玉菌ですが、乳酸菌とは別の細菌です。

乳酸菌の効果ですが、一番有名なのが、腸の働きを活性化することで下痢や便秘といったトラブルを防いで、お腹の調子を整えてくれるということですね。

 

でも、実は、それだけではないんですよ。

他にも、コレステロールを抑制してくれたり、免疫力を高めてくれる効果もあります。

さらに、ビフィズス菌や乳酸菌が作る酢酸や乳酸が腸の中を酸性にすることで、酸性の環境が嫌いな悪玉菌を減らしてくれるという効果もあるんです。

乳酸菌の免疫力を高める働きは、感染症予防やアレルギー対策としても注目されているんです。

 

簡単に減ってしまう乳酸菌

善玉菌が減り、ブドウ球菌や大腸菌などの悪玉菌が優勢になってしまうと、免疫力が低下して病気になりやすくなったり、代謝が悪くなって太りやすくなります。

また、便秘や肌荒れ、うつな気分になりやすくなったりもするんです。

腸内の菌は全体の量が決まっているので、善玉菌が増えると悪玉菌は減りますが、逆に、善玉菌が減ると悪玉菌が増えてしまうという関係なんです。

悪玉菌を増やさないためにも、善玉菌の量は減らさないようにキープしたいですよね。

 

しかし、善玉菌の代表格でもある乳酸菌は、とてもデリケートで、私たちがストレスを受けただけでも減ってしまうんです。

さらに、悪玉菌はたんぱく質や脂質を好むので、肉や油っぽいものばかり食べていると、悪玉菌の勢いが強くなって乳酸菌は減ってしまいます。

また、そうでなくても、乳酸菌というのは年と共に減ってしまうので、肌やお腹の調子が悪い時だけでなく、いつでも積極的にとるほうがいいですね!

 

腸は第二の脳

乳酸菌の棲んでいる腸について私たちはどれくらい知っているでしょうか?

私たちの健康状態を左右し、人がお母さんのお腹の中で出来上がっていくときに、まず初めに作られるとても重要な臓器です。

さらに、腸は脳からの指令を受けずに独自に動ける唯一の臓器であり、人が亡くなるときに最後まで動いているのが腸なんだそうです。

人が生きていくうえで食べ物を消化、吸収するということは何よりも大事なことであるため、脳にも支配されず、自分たちの判断で動けるように出来ているんでしょうね。

 

また、幸せホルモンと言われるセロトニンの9割は腸で作られています。

そのため、腸がいい状態でいるとセロトニンがたくさん作られて、幸せな気持ちでいられるんだそうですよ!

 

腸内環境が悪い状態が続いていると、腸の老化が進んでしまいますが、反対に善玉菌の多い環境をキープしていると、腸年齢は若くいられます。

腸年齢が若いと、脳も老化しにくいということが分かっています。

 

このように、人間の身体にとって、とても大事な部分であるということから、 ”腸は第二の脳である”と言われています。

腸のことについて知れば知るほど、いかに重要な臓器であるかということが分かってきましたね。

この重要な腸内に棲んでいて、腸が健康でいられるかどうかという大事なカギを握っているのが善玉菌です。

今すぐにでもヨーグルトを食べたくなってきたんじゃないですか?

 

乳酸菌は足りてる?

ところで、今の自分の腸内環境はどうなっているでしょうか?

ちゃんと善玉菌が多い、良い状態になっているだろうか?と、気になったところで、お腹の中を確認することなんて出来ません。

でも、乳酸菌が足りなくて、悪玉菌の勢いが強くなってしまっている時は、体がサインを出してくれていますよ。

 

こんな症状はないか、チェックしてみて下さい。

  • 吹き出物などができて肌が荒れている
  • おならがちょっと臭い・・
  • 便秘気味である

また、体からのサインではありませんが、以下のようなことで自分に当てはまることはありませんか?

  • 寝不足が続いている
  • 乳製品や発酵食品をあまり食べていない
  • サラダや果物は食べないけど、お肉はよく食べる
  • 歩いたり運動したりしない

上記のようなことに少しでも当てはまる人は、乳酸菌が足りていないかもしれません。

さらに、ほとんど当てはまってるよ~なんて人がいたら、腸内では悪玉菌が天下をとっていると考えた方がいいでしょう。

今日からすぐに対策をとりましょう!

 

プロバイオティクスとは?

乳酸菌について色々調べていると、「プロバイオティクス」という言葉がよく出てきます。

調べてみたところ、人間の身体に良い影響のある細菌や、それらを含む製品や食品のことを言うそうです。

つまり、乳酸菌やビフィズス菌なんかのことなんですが、すべての乳酸菌やビフィズス菌がプロバイオティクスと呼ばれるわけではないんです。

乳酸菌を摂ろうと思っても、胃や小腸を通る時にほとんどの乳酸菌は消化液で死んでしまいますが、生きた状態のままで腸に到達しないと、プロバイオティクスとは言えないんです。

プロバイオティクスは生きている

死んだ乳酸菌でも、実は効果があることが分かっていて、皆さんお馴染みの ”カルピス”は殺菌された乳酸菌を使っています。

でもその効果は、やはり生きて届いた方が大きいんです。

 

生きたまま腸まで到達することができるエリートな乳酸菌であるプロバイオティクスは、お腹の調子を整えてくれるのはもちろん、全身の免疫力をアップしてくれる効果もあります。

さらに、作った乳酸で腸内を酸性化して、悪玉菌を抑制する効果もあることから、私たちの体を助けてくれるんですね。

プロバイオティクスは善玉菌を増やす

摂取したプロバイオティクスが腸に入ってくると、もともと腸内にいる善玉菌が本来持っている力を強め、その数も増えていきます。

人の腸内には、400~500種類もの細菌がいて、その数は約100兆個にもおよぶと言います。

その腸内細菌たちは、種類ごとにまとまっていて、その姿はまるでお花畑みたいだということから ”腸内フローラ”と呼ばれています。

この腸内フローラがいいバランスでいてくれることが、私たちが健康でいるためにはとても重要なんですね。

 

病院で処方される抗生物質(アンチバイオティクス)は、菌を殺して体を守ってくれますが、抗生物質を使うといい菌まで殺してしまいます。

それに対して、体にいい菌を増やすことによって健康を守る、という考えから生まれたのがプロバイオティクスなんです。

抗生物質を使っていると耐性菌が出現することがありますが、プロバイオティクスならそういうこともないし、副作用もありませんよね。

私たちの健康を安全に守ってくれる優れた方法といえますね。

プロバイオティクスの種類

プロバイオティクスに含まれる細菌にも多くの種類があります。

ラクトバチルス・プランタラム

ぬか漬けやしば漬けやぬか漬けといった日本のお漬物に含まれる乳酸菌です。

外国でもヨーロッパのサワーブレッドやドイツのザワークラウト、韓国のキムチなどに入っていて、すっぱめの味の素となっています。

ラクトバチルス・ブレビス

キムチやお漬物などの発酵に関わっている乳酸菌です。

ラクトバチルス・ガセリ

乳酸菌の中でも有名ですよね。

胃酸に強く、長く腸内に留まることができると言われています。

 

プロバイオティクスで体を元気に!

プロバイオティクスの働きには、腸内環境のバランスを整えて善玉菌が増えやすい環境にすることの他にも、免疫力をアップさせることや、悪玉菌を抑える効果があります。

 

さらに、乳酸菌よりも圧倒的に数の多いビフィズス菌のサポートもします。

生きたまま腸に届いた乳酸菌が、糖を分解して乳酸を作り出すと、腸内はビフィズス菌が棲みやすい酸性の環境になります。

すると、ビフィズス菌は十分に力を発揮することが出来るようになり、強い殺菌作用のある酢酸を作り出します。

それにより悪玉菌の繁殖を抑えることが出来て、腸内環境は安定するのです。

身体は腸から元気になります!

プロバイオティクスを摂るにあたって、より効果をあげるためのコツがあるので紹介します。

菌は自分に合ったものを

例えば同じヨーグルトを食べても、すごく効果がある人とそうでもない人がいます。

それは、腸内細菌のバランスが人によって違うからです。

プロバイオティクスにはたくさん種類があるので、自分に合ったものを見つけないと効果が出ないことがあるのです。

同じものを2週間程度は続けてみて、便秘が改善されたとかお腹の調子が良くなったと思えたなら、それは自分に合った菌だといえるでしょう。

いっしょに摂ると効果的なもの

プロバイオティクスは、その働きをサポートしてくれるものと一緒に摂るとより効果的です。

それは、ネギやゴボウなどに含まれる食物繊維や、豆腐や納豆といった大豆食品に含まれるオリゴ糖です。

ヨーグルトと一緒に食べるには、水溶性食物繊維を含む果物がピッタリですよ。

 プロバイオティクスは毎日の継続が大事です

乳酸菌を外から取り入れると、もともと腸内に棲みついている善玉菌をパワーアップしてくれます。

もし途中で、消化液によって死んでしまった乳酸菌の死骸だとしても、善玉菌のエサになってくれます。

大腸において、えさとなる乳糖からたくさんの乳酸を作り出して腸内をいい環境にしてくれる乳酸菌ですが、残念ながら、食事やサプリメントから取り入れた乳酸菌は、そんなに長く腸内に棲みついてはくれないのです。

そのため、プロバイオティクスは継続して取り入れるということがとても大事になってくるんですね!

こんな時代だからこそプロバイオティクス!

日本人の大腸がん患者は年々増えていて、一年に5万人近くの方が亡くなっています。

その原因には食生活の欧米化が大きく関わっています。

食物繊維の摂取は少なくなったのに対して肉をたくさん食べるようになったということは、悪玉菌にたんぱく質や脂質といった大好物を与え、善玉菌の好む食物繊維は減ってしまったということです。

こうした腸内環境の悪化は免疫力を低下させてしまうので、大腸がんの増加だけでなくそのほかの病気にもかかりやすいという状況を作ってしまいます。

 

さらにストレスを抱えやすい現代ですが、ストレスもまた善玉菌を減らしてしまう原因となってしまいます。

だからといって昔の食生活に戻ることなんて出来ないし、ノンストレスで生きていくことももちろん難しいですよね。

 

そこで、腸内環境を整えてくれるプロバイオティクスです。

腸内で有害物質が作られるのを抑えてくれ、抗がん作用やアトピーを抑えてくれる効果まであるといわれます。

また、昔に比べアトピーやアレルギー患者も増えていますが、アレルギー患者にはラクトバチルス菌という善玉菌が少ないということが分かっているので、プロバイオティクスの効果が見直されています。

 

まとめ

なんか乳酸菌の働きってはかり知れないですよね!

これまでは便秘気味だしヨーグルト食べとこ、というくらいにしか考えてなかったけど、もっと意識して摂るべきものなんだと改めて知ることができました。

 

ただ、この乳酸菌は簡単に減ってしまうものなので、毎日摂るということが大切になってきます。

乳酸菌は、ヨーグルトや乳酸菌飲料、発酵食品などに含まれているので出来るだけ意識して摂るようにしましょう。

それを毎日は大変だなーという方には、サプリメントもおすすめです。

生きた酵素を凝縮した ”ベルタこうじ生酵素”というサプリには、たくさんの野菜や果物、スーパーフードに加えて、乳酸菌もはいっているので、こういうものも上手に活用してみてはいかがでしょうか?

 

*酵素をお手軽に摂取できる生酵素サプリが実際にどんな効果があるのか今すぐチェック!

効果とは?
生酵素にはどんな効果があるの?なぜダイエットに効果的なの?

ダイエットや美容や健康に効果があるということで、今とても話題になっているのが生酵素です! なので、生酵素に興味がある人が ...

続きを見る

 

*人気No.1生酵素サプリ「ベルタこうじ生酵素」を実際に購入して使ってみた効果とは?

-乳酸菌, 成分, 生酵素

Copyright© 【詐欺!】うらら酵素サプリが効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.